難聴

犬や猫にも難聴という病気は存在します。生まれつきで耳が聞こえない・聞こえにくい子もいますし、加齢と共に徐々に聴力が衰えていくこともあります。軽度の感染症や長期的な耳の疾患が難聴の原因となる事もしばしばです。ですので、もしも耳の問題が起きた際には可能な限り迅速に対応してあげたいところです。また、難聴に気付いたら、手信号に反応する方法をペットに教えてコミュニケーションを取れるように工夫していきましょう。手信号なら犬猫に関わらず学ぶ事ができます。ここでとても大切なのは生活する環境でしょう。犬であればリードが、猫にとっては室内が、安全の為に非常に重要となってくると言う事を覚えておいて頂きたいです。耳が聞こえないという状況ではこれが本当に重要になってくると思います。加えて、外猫は家の中に入れてあげるのが賢明だと言えるでしょう。夜になって家の中に入れるようにペットに合図するには懐中電灯を利用すると良いでしょう。視覚的情報などで合図するというのが肝です。他にも、例えば褒めてあげる時には笑顔でなでてあげる等のコミュニケーションをとると良いでしょう。身振りだけでなく、たとえ愛犬愛猫が聞こえていなくても口を動かして指示を出すなどしましょう。聴覚が不自由・衰えた愛犬愛猫に対して、「どう接したら事で安心してもらえるのか」を心がけて生活する事が大切です。補完療法として、鍼や指圧・マッサージが血行や聴力えの改善に有効なケースもあります。ぜひこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です