犬たちの問題行動

犬たちのトレーニングに関して、人間との関係性を築く為に、犬たちの問題行動やいたずらに対してのしつけは、圧力をもって接する事が必要だと考える人々もいるようですが、犬たちがそのようなコミュニケーションを嫌がる傾向があると考える人々もいます。犬たちは、人間からの威圧的な体罰やしつけに対して、恐怖や痛みを感じ、そのような環境から自分の身を守るために、逃げ出す性質があると考えられています。もし、飼い主さんが、犬たちのいたずら等に対し、しつけであるという名目で、痛みをともなうような体罰を与えたとすると、犬たちは、リードを外し、その飼い主さんの環境から逃れたいといなくなってしまうのが、犬たちの自然な行動であるようです。ですが、繋がれたリードを自ら外す事のできない立場であるとすると、犬たちにとって、不信感のある飼い主さんと、共に生活しなくてはならないストレスが生まれてくると考えられています。飼い主さんに対して、威嚇したり、かみつくような問題行動を起こす犬たちには、何かしらの理由がそこにあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です