愛犬の繁殖と出産

愛犬の血縁をもつ子どもを抱いてみたい、と考える飼い主さんの思いを実現させることは、現実的に可能であるとしても、安易にそのような行動を取る前に、犬の繁殖について正しい知識をもつ事が必要とされます。一度の妊娠、出産で複数頭産まれてくる仔犬たちの貰い手を、責任をもって探すことは、容易な事ではありません。もし、皆さんが愛犬の交配、繁殖を考えているような場合は、まずは、専門家とされるブリーダーさんに、相談してみるべきです。専門家からの正しい知識を得た上で、もし、協力を得られるのであれば、愛犬の交配、繁殖も可能となるかもしれません。多くの飼い主さんは、愛犬の去勢、避妊を選択する事となるとは思われますが、去勢、避妊によって、出産予定のない犬たちが、生殖器に関する病気から免れたり、発情期の際のストレスなどから解放されるというメリットもあります。去勢や避妊手術に関する考えは、長い歴史の中でも論議されていますが、現代社会におけるペットたちの交配や繁殖を全面的に肯定する事は、困難な時代であるかもしれません。犬たちの繁殖においては、純血種を守る事が第一と考えられ、遺伝性の疾患などを継承してしまうような繁殖は推奨されてはいません。命を繋ぐ事は大切ですが、責任を負う事とのでいない命を繋ぐことについても考えるべき事は多くみつかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です