番犬と留守番犬は異なります

仔犬を飼う前に、家族の生活状況をお互いに話し合っておく事は大切であります。仔犬の時期は、自宅に置いてきぼりにする事ができません。また、仔犬の時期に、様々な人や環境からの刺激を受け、多くの事を学ぶ事が必要とされますので、仔犬を長時間の留守中の自宅に置き去りにするような事を日常とする事は避けましょう。場合によっては、有給や長期休暇を取得する事で、仔犬の飼育に備えるような人々もいるようです。仔犬は、学習するスピードが速いので、ある程度のトレーニングが身に付けば、最初は短時間の留守番からテストしていきます。実際には、犬たちの生態は、群れをなして生きて行く姿が本来の有り方ですので、猫のように一匹にしておく時間帯が長い事は、犬たちにとって大きなストレスにもつながりかねません。留守番とすると、不安になるという寂しさから、飼い主さんが、出掛ける仕草をいちはやくキャッチすると、外出を阻止しようとするように吠えたり、走り回ったりするような犬たちもいるようです。そのような場合は、事前に、少し長めの散歩に行き、犬本人の欲求を充実させてあげてから、外出するような工夫も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です