注意するタイミング

犬のしつけの中で重要なポイントの1つに、飼い主さんが注意をするタイミングというものがあります。

飼い主さんが、愛犬のしつけを思い注意する際は、いたずらを行う直前か、その直後でなければなりません。そのタイミングを逃し、後々に、飼い主さんが、10分前のいたずらをとがめてもm愛犬たちは、いったい何の注意を受けたのか全く分からない状態で、何もしていないのに怒られたというマイナスのイメージしか抱かない事になってしまいます。

このようなマイナスイメージは、飼い主さんにとっても愛犬とのせっかく築きあげた関係性を失ってしまうことになり、デメリットとなってしまうでしょう。

いたずらを発見したら、愛犬に対して感情的にならず、やめなさいというコマンドを出します。何度も言い聞かせるのではなく、1度きりコマンドを出すということを淡々と行います。また、飼い主さんのコマンドの指示の通りに愛犬が行動できた時には、スキンシップをもちながら褒めてあげるようにしましょう。

愛犬は褒められる事で、コマンドに忠誠する事が良い行いなのだという気づきが芽生えてきます。

私とイヌのくらし方ByDAHONのトップページへ